ブライダルチェックとは?項目・内容は?夫婦で受けるもの?どこで受けるの?そんな悩みを一気に解決できるのがこのサイトです!

プロポーズされたらブライダルチェックに行こう!

ブライダルチェックとは

処女・童貞だけどブライダルチェックは受けた方がいいの?

 処女・童貞の方の場合、「ブライダルチェックを受けるべきかどうか」は悩みどころですよね。

性病にかかっている可能性は低いが…

 ブライダルチェックの目的の一つが、性病にかかっているかどうかを調べてもらう、というものです。
 性行為の経験がない場合には、性病にかかっている可能性は低いですがゼロではありません温泉やプールなどの施設、トイレ、タオルなど、性病の感染源は性行為だけではないからです。
 性病が心配な場合には、ブライダルチェックは一つの選択肢になるでしょう。
 また、「性病だけが心配」というのであれば、郵送ができる性病キットもありますから、そちらを選択してもいいかもしれませんね。

子どもが望める体質か


 ブライダルチェックは性病を調べる以外に、子どもが望める体質かどうかを調べるというものがあります。こちらは内診や問診等になります。女性であれば子宮がん検診や卵巣の状態などを調べますし、男性であれば精液検査を行います
 これらは性病検査キット等では分からないことなので、婦人科に足を運ぶ必要があります精液検査(精液量・精子量等)が郵送でできるものも最近出てきました)。

気持ちの問題もある

 ただし、処女・童貞の方の場合、結婚の前に医者に身体を診てもらう、ということに抵抗を覚えることもあると思います
 もちろん、医師によって処女膜が破られるということはありませんが、医師の前で開脚をしなければなりませんから、女性としても、男性としても複雑な感情を覚える方も多いでしょう
 また、男性も精液検査ですから、女性ほどではないかもしれませんが、抵抗を覚える方もいらっしゃるでしょう

一人で決めずに話し合うべき


 ブライダルチェックはお金のかかることですし、片方だけが受けても意味はありません。また、童貞・処女の場合には「初夜をどう迎えるか」という大きな問題もあります。
 とかくデリケートな問題ですから、一人で決めると後から問題になることもありますので、二人で話し合うのは絶対条件でしょう。二人で話し合い、「いつ受けるのか」を決めるべきです。

初夜を迎えてから?結婚後にブライダルチェックも有り?

 処女・童貞の場合、初夜を迎えてからの方がブライダルチェックを受けるにはお互い気持ちは楽かもしれませんし、「もし性病が…」と心配なのであれば、初夜の前に受けるべきでしょう。
 婚約前、結婚前とブライダルチェックを受けるタイミングはそれぞれですから、自分たちの納得できるタイミングで受けたいですね。

-ブライダルチェックとは
-, , ,

Copyright© プロポーズされたらブライダルチェックに行こう! , 2019 All Rights Reserved.